キッチンから収納が消えていく

住まい選びの基準で収納が重視されるようになり
クローゼットや下駄箱が大型化してきました。
床下や屋根裏、階段下にも収納を作り、最近では
玄関に大型の収納を持つ家も登場してきました。
その一方で収納が減っているのがキッチン。
まずは引き出しの一列が食洗機に変わって来ました。
次に対面式キッチンでは吊戸棚が無いのが主流に。
吊戸棚を無くすことで、開放感を得ることができ
大多数の好評を得た結果でしょう。
それでは、本来そこに収まるはずだった物たちは
いったいどこへ・・・
我が家は昔ながらのキッチンですので、吊戸棚も
ありますし、食洗機付きのキッチンではないの
ですが、よくよく分析してみると、常にキッチン
に無くても良いものが、たっぷりキッチンにある
んですね。別に押入れの天袋にあっても良い物が。
多分、吊戸棚が無くなっても、何も困らないです。
最初の一週間ぐらいは少し困るかな??
もともと必要がないのに、あるから使っている。
無いほうがずーっと便利なのに・・・みたいな。
今やキッチンはリビングの一部。
収納不足を懸念するより、収納する物の過多を気に
した方が、ずっと快適に過ごせる気がしてなりません。
お部屋の収納家具を買うときも、本当に必要か
良く考えましょうね!

関連記事

  1. 住宅ローン 否決

  2. 和風の庭 門かぶり

  3. グーグルストリートビューで店内 近日公開

  4. 燃え尽き症候群にならない

  5. 店頭の掲示物を作成した

  6. 謎の汚れを撃退 「復活洗浄剤!」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。