これはヒドイ!コワーい不動産の話

こんにちは。細淵です。

先日、子供を病院に連れて行く機会がありまして
待合室で目を引く本がありました。

不動産を題材にしたマンガです。

部数を販売するには、大げさでショッキングな内容のほうが
受けが良いのかもしれませんが、これはヒドイ・・・

「木造3階建て住宅は100%欠陥住宅です」
なんて、とんでもないことを断言しています。
素晴らしい木造3階建て住宅はたくさん存在するのに・・・ 

いたずらに、消費者の不安をあおり、それをお金にするとは
許しがたいです。(怒)

他にも不動産や建築に関わる人間が、まるで欠陥商品を売りつけ
てでも儲かりさえすれば良い守銭奴のような描写にあふれ、失礼
極まりない、あさはかで低レベルな内容です。 

別冊宝島ってそこそこ有名な気がしますが、あまりにバカで、
お粗末で、こんなアホ本を信用してしまう被害者が出ないように、
本を処分してしまおうかとも思いましたが、まともに向き合って
自分を貶めてもつまらないのでやめました。 

怒ることも、もうこのブログで終わりにします。

インターネットでも同様に、注目を浴びたいが為の大げさで
でたらめの記事が散見されます。ご注意くださいね。 

 

関連記事

  1. 地役権 

  2. 住宅ローンという名の借金

  3. 餅は餅屋。プロは違うな。

  4. お店の内装が追加チェンジ

  5. 住宅の常識 お国が違えば変わります(1)

  6. 重要事項説明・契約・決済・引き渡しを一日で完了・・・つづき

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。