おとり広告

こんにちは。
おとり広告に関するポータルサイト各社の罰則強化が
年頭の話題となってから3カ月が経過しました。
取引する意思のない物件や、取引することができない
物件について広告を行うことを「おとり広告」といいます。
おとり広告は宅建業法32条及び表示規約21条で禁止され、
懲役刑もあり得るいわば犯罪行為です。

「おとり」につられて問い合わせをすると、「その物件は
ついさっき決まってしまった 」「他に良い物件が出ました」
などと言って来店や契約を迫る手法です。
お問い合わせをしてみて、「決まってしまった」のであれば
それが「おとり」であろうとなかろうと、一旦は打ち切り、
「ああ、そうですか。また問い合わせしてみます」という
対応でも良いのではないでしょうか。
まともな会社であれば、せっかくお問い合わせ頂いたのに
決まってしまった事をお詫びし、情報の削除が間に合わなかった
事をお詫びし、その上で恐縮ながら「もしご紹介できるなら
こんな物件もあるのですが・・・」となるでしょう。
詐欺は騙される方がいて初めて成立します。
消費者の賢い行動が求められますね。
怪しげな会社は避けましょう。不動産屋さんはコンビニより数が多いのです。
まともに仕事をしている不動産会社がたくさんありますので ・・・

関連記事

  1. 不動産屋さんの夏休み

  2. 不動産物件の写真

  3. 不動産投資はインサイダー情報で! 「かぼちゃの馬車問題」

  4. 大雨の被害 お悔み申し上げます。

  5. 建物は何年もつか

  6. ペットについて考える(犬編)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。