「積極的な謙遜」について学んだこと

こんにちは。

先日、知人の家に招待されたホームパーティでの
話題。立派な人間になるための最も大切な特質は
「謙遜」であることではないか?
ということについて、良い話しが聞けました。
忘れないようにブログ記事にしてしまいます。

立派というのはお金や物にあふれていることでも
ないし、地位があることでもないのは賢明な方は
皆お分かりかと思いますが・・・

「謙遜」というと「褒められても図に乗らない」とか、
「おくゆかしい」とか、そんなイメージを持つ方が
多いと思います。「手柄を自分のものにしない」とかね。

ところが、もっと高レベルで求められるのは
「積極的な謙遜」ではないか?
例えば些細な雑用のような仕事でも
「それは私にやらせてください」とか
困っている人がいるのを見たら
「お手伝いできることがあったらさせてください」とか

自分を小さい者として、相手に敬意を示し積極的にへりくだる時
相手の心は動かされて、逆にこちらに敬意を持って接して
くださる。(つまり立派な人だと認めていただける)

う~ん。その通りですね~。(私的実体験多数あり)

人は必死になって人の上に立とうとして、むしろ他人から
の敬意を失います。必死になるべきなのは、謙遜にへり
くだることに対してですね。(努力が求められます)

私たちは常にライバル会社の社員さんたちと比べられて
お客様から取捨選択をされていますが、「あなたが一番謙遜
な人だったので、担当者に選びました」と言われるように
がんばろうと思いました。

パーティもこういうレベルの高い話題ができる友人たち
で行うと本当に爽やかにされます。

 

関連記事

  1. 悩んでいます

  2. アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ

  3. 我が家のアイドル!トイプードルのQOOちゃん!私と同じで・・・

  4. 年賀状

  5. 中古住宅 大切に売らせていただきます。

  6. おすすめ物件ですよ!!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。